2005年09月12日

赤田のジレンマ 西武vs.ロッテ

インボイス勝利の花火のあと 昨日、ロッテ戦を見にインボイスドームまで行ってきた。
 ロッテの先発はジョニー黒木ということでレフトスタンドは満員。黒木の人気は凄い!!ライトスタンドより入ってた。西武ももっと頑張らなきゃだめだな。
 去年までは、観戦に行くと80%で負けていたんだけど、今年はなぜか3戦3勝。なので今日も勝つでしょ!と思ってたらまず一回に帆足が2点の先制を許してしまう。その裏、黒木は完璧に抑えてしまう。
 あー今日は厳しいかなぁ、と思ってたら2回表。さらに1点とられて0−3。今日の黒木は打てねぇな。と思ってたら先頭のカブレラにフォアボール。で1アウト満塁までこぎつける。バッターはおかわりくんこと中村剛也!ホントだったらこの場面に赤田が打席に立っていたはずだった……。でも友亮の復帰によりセンターのポジションを奪われ、8番には中村が座っていた。そしてその中村!なんとジョニーから満塁ホームランを放つ!!うぉー!!やってくれた!!!まさか満塁ホームランとは!!!これで逆転!!で、もし赤田が打席に立っていたらと思うと……多分凡退してたな。チャンスに弱いんだよねー赤田は。赤田ファンとしては出て欲しかったけど、西武ファンとしてはコレでよかった。うーん、ジレンマだね。
 そして3回裏、逆転もつかの間、帆足が幸一にソロホームランを打たれて同点。帆足ノックアウト。早くも2番手の宮越が登場。 同点に追いつかれたその裏。2アウトからカブレラ、和田と黒木から連続ホームランを放ち6−4で再びリード奪う。
 西武は2番手の宮越が3回3分の1をノーヒットピッチング。しっかりと試合を立て直した。
 ロッテも4回途中から2番手加藤康介を投入。康介も5回を1安打ピッチング。しかもその一本は和田の内野安打。
なので、試合は中盤から急に投手戦に早変わり。宮越の後は7、8、9と小野寺、森慎二、豊田と小野寺が1安打打たれただけで抑え勝利!!
 やっぱ今年は勝てるなぁ!!こんだけ勝てるとなんか恐いくらいだよ。今年はこれで最後のインボイスかな〜って思ってたけど、ライオンズがプレーオフに進出できるように最後のオリックス戦も来ようかな〜。

 あと黒木には頑張って欲しい!!ライオンズ戦以外で。
posted by ヅラ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ライオンズ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。